【オリックス】T-岡田が1番打者に向いているこれだけの理由

 
【オリックス】T-岡田が1番打者に向いているこれだけの理由

ここ数試合、一番打者として起用されているT-岡田 ©文藝春秋

「4番・T-岡田」との別れ

 あなたが私にくれたもの、1位指名の記者会見。あなたが私にくれたもの、イチロー選手のお墨付き。あなたが私にくれたもの、ウエスタン・リーグの2冠王。あなたが私にくれたもの、2010年のホームランキング。あなたが私にくれたもの、熾烈な外野のベストナイン。あなたが私にくれたもの、CS沸かせた逆転弾。

 我々世代にはあまりに有名な「JITTERIN’JINN」の「プレゼント」。歌詞の通り色々な贈り物と思い出を貰った大好きな彼とお別れをする歌である。この歌詞さながら、ついに我々にもお別れの時がやってきたようだ。誰と? 勘の良いBsファン同志諸君ならもうお分りだろう。そう我々が愛した「4番・T-岡田」とのお別れである。

 いやいや、冒頭から不吉なコラムのようだが、決してそうではない。「4番・T-岡田」とのお別れであって、「T-岡田」とのお別れではないのだ。そう、8月5日・6日に見たBsの新オーダー。初見にして心を鷲掴みにされたファンも多い事だろう。それほど「1番・T-岡田」の存在は頼もしく、また今後数年のBsの戦い方として多くの可能性を見出してくれたオーダーだったと思うのだ。

パ・リーグを代表するリードオフマン

 もともとチャンスに弱かった訳ではない。冒頭の替え歌さながら、幾多の名シーンと劇的な試合結果を我々に提供してくれた。その頻度があまりに貴重だった故、いつからか我々は彼のことを「チャンスに期待できない」と思ってしまうようになった。繰り返すが「チャンスに弱い」訳ではなく、「チャンスをものにする」頻度が少ないだけなのだ。そこを履き違えて「6番・T-岡田」や「7番・T-岡田」に、クリーンナップの後方からの援護射撃を求めるようになっていたのだろう。

 しかし、今シーズンの彼は別の役割を淡々とこなしていた。つなぎの打撃をこころがけ、コツコツとチャンスを作り続けているのだ。言わばチャンスメーカーの役割を買って出たT-岡田。出塁率の高さがその打撃を物語っている。T-岡田の出塁率は現在パ・リーグ3位の成績で、柳田悠岐(ソフトバンク)、秋山翔吾(西武)に続く成績である事からも、じゅうぶんにパ・リーグを代表するリードオフマンと呼んでも良いだろう。併せて、ここまでのOPSも.898と優秀、長打率も.506と上位に配置した方が良いのは明確である。また、これは出塁率にも関連してくる事だが、T-岡田は、意外にも一塁到達スピードが優秀なのである。左打者であるアドバンテージが生きているのだろうが一塁到達4.11秒を記録しており、MLBの5傑入りしたイチロー選手が3.94秒であるから長打率を鑑みれば申し分ない数字のように思う。実は1番打者に必要な要素を多く持ち合わせた打者なのだ。

T-岡田・吉田正尚の1・2番コンビはパズルを埋める貴重なピース

 少し話は変わるが、3アウトを取られる前に走者を本塁まで進めれば得点ができるのが野球である。打てる打者から順に打線を組むのが元来大前提なのだ。また、セイバーメトリクスの世界では「2番最強論」が囁かれ、実際に楽天・ペゲーロが大当たりするなど、上位打線の重要性はクリーンナップ以上に大きいと言って良いだろう。展開によっては1・2番だけで得点出来るので、それこそクリーンナップにかかる負担も軽減される。強いチームには素晴らしい1・2番打者がいるのは当然の事なのである。ロメロにマレーロ、中島宏之に小谷野栄一と中・長距離打者の多いBsに於いてはT-岡田・吉田正尚の1・2番コンビがパズルを埋める貴重なピースなのではないだろうか。

 かつてブルーサンダー打線の核弾頭として名を馳せた松永浩美氏。スイッチヒッターであったし、内野手であった事からも一概に比較の対象に挙げる事は出来ない。しかし誘雷役であった松永氏の活躍があってこそのブルーサンダー打線であった事は間違いない。T-岡田選手には是非リードオフマンとして新しい可能性を見出して欲しいと願っている。1番・T-岡田、2番・吉田正尚の1・2番コンビがBsの新しい代名詞になって欲しいと思うのだ。

 冒頭の「JITTERIN’JINN」の代表曲は皆さんご存知の「夏祭り」。T-岡田から始まる打ち上げ花火がクリーンナップへと続き、夏の夜を彩るスターマインとなってまだまだシーズンを盛り上げてくれる事を楽しみにしている。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170809-00003744-bunshun-spo

【関連記事】

T-岡田へ賞金9万9999円www

スポンサーリンク


fuku26
8/9(水)11:20
T-岡田、吉田の1,2番コンビは怖すぎる。試合開始直後から、相手チームにとってはピンチだものね。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)11:31
何故クリーンアップで起用しないのか、とよく他球団ファンから言われるのも、いざクリーンアップに据えるとここぞで頼りない場面が多いからです。
とはいえ、特に2010年や2014年には勝負所で感動的な一発も打ってたので、
いくら勝負弱くても今年ここまでとは思いませんでしたが…
1番打者を固定しきれなかったチーム事情もありますが、
現状の1番・岡田の起用は良いと思います。
願わくばもうちょっとチャンスでも打って欲しい。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)17:09
本来なら抹消されるべきの大けがを負いながらも、ホームラン王がかかっていたため代打待機。そして、満塁の場面で起用されて逆転のグランドスラム。
あの時のT岡田はロマンに満ち溢れたスラッガーだった。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)11:37
楽天ファンですがT岡田と吉田のコンビはほんと怖い前半戦の茂木とペゲーロもそうでしたが、二人は長打も多いから、連打になれば高確率で一点入る
話は逸れますが、茂木と吉田が並ぶ打線も見てみたいな
一番茂木、二番吉田、凄い楽しそう……怪我さえなければ……

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)12:24
来年あたりオールスターで見られるかも知れませんね。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)14:26
その前に11月のアジア大会が24歳以下の選出なので可能性ありますね

やま
8/9(水)17:43
腰の状態もあるし正直オフは休んでほしいかな去年もオフにフル稼働したせいでシーズン前半を棒に振ったわけで
もちろん得たものも多いだろうけど

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)12:32
替え歌はいらなかった

フクラーズ
8/9(水)11:03
だとしてもチャンスに弱すぎるでも岡田、吉田のコンビは抜群

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)12:34
9回2アウトのどうでも良い場面でHRとかよく打つのにここぞで打ってくれなさ過ぎるからファンから冗談で
1番に使ったらと言われてたら本当に使われるとはなぁ・・・
結局、ランナーいないと頼りになってるし・・・。
Tは20代になってすぐにHR王を取ってどんなスラッガーになってくれるのかと誰もが夢見たのに、正直現状は寂しすぎる。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)12:47
冗談ではなく、かなり前から1番Tは本気で思ってました。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)14:24
まあ、毎度毎度チャンス潰されるくらいならって感じでしたがね。

バファローズp(^_^)q
8/9(水)16:52
私も本気で1番T-岡田選手を願っていました。打席で力が抜けて楽にホームランが出ているように見えます。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)12:38
そんなことよりリーグ最弱の安達が上位打ってたのは何なの??
消化試合で破壊力発揮しても意味ないよね

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)12:53
福良が学習したのだと信じたいです

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)20:06
3番安達は不思議だっただれか説明できる方はおられますか?

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/10(木)21:04
3番安達は打率の割に高い出塁率を活かした苦肉の策。他に3番に適したバッターがいなかったのも理由の一つ。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)13:30
もちろんTは必要な戦力であり、記事に挙げられた要素も事実ですが、記事ではTに都合の悪いデータは載せられていません。2017シーズン
非得点圏 .291(268-78) 20本 25打点
得点圏  .236(72-17)  2本 19打点
特に、ホームラン数の差は「得点圏の方が打席数少ないんだから、相手投手も警戒するから」で済むレベルではないのがわかります。
打点の少なさも深刻です。他のパのHR王争いをしている選手の打点を挙げると、柳田82、ウィーラー57、デスパイネ69、レアード68、中村68、ペゲーロ63、秋山64…。Tの44打点は、ホームラン数に比して異常な少なさです。
すでにチーム打点王も、Tより30試合以上出場の少ないロメロ(47点)に明け渡してます。
福良監督もかなり我慢しましたが、決断を下したということです。実際、非得点圏では恐るべき打者ですから。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)14:25
いや。弱いでしょ。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)14:41
>thm過去の成績はどうでもいいです。「今の」T-岡田は1番に置くのが適正だ、という文春の記事であり、私の意見です。
それにそのTと柳田の比較、変ですよ。
Tと柳田は同じ1988年生まれですが、2010年は柳田がプロ入り前なので比較のしようがない。比較ができるのは、せめて柳田がレギュラー定着した2013年からです。
で、Tが絶不調だった2013年(T18打点、柳田41打点)や、柳田がトリプルスリーを達成した2015年(T51打点、柳田99打点)はなんで都合よく抜けてるんです?
私はTが嫌いなわけではありません。というかバファローズファンですから当然応援してます。が、そのデータは苦しいですよ。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)15:56
もとからチャンスに強いタイプでは無いと思うけど、今シーズンの異常な打点の少なさは、後ろの打者が安達や若月だからってのはあると思うよ。ロメロ不在でクリーンナップ打ってた時も、当たってた小谷野はTより前を打ってたからね。ピンチでTを迎えても、後続含めての勝負でいいから心理的にピッチャー有利だったはず。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)11:40
チャンスでTに回ってきたら、ワンアウトならTがダメでも、後ろの吉田が何とかしてくれると期待してます。

ポリタンク
8/9(水)11:06
メンタル弱すぎてチャンスで全く。。だから1番起用は本当にいい

アンチョビパスタ
8/9(水)11:59
もう1.2番が機動力技巧派の時代過ぎたのかもね

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)12:29
投手のレベルもどんどん上がって簡単には高打率を残せない時代ですもんね。だったらちゃんと長打を頭に入れた打線を組んだほうが効率的で、実際1番2番に彼らをおいたオリックスは長打で勝っているのが素晴らしいですね。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)14:28
別に足のある選手が出塁率が高いなら1、2番でも問題ない実際は足が速くて出塁もできる選手が少ないだけ

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)15:43
打順は回るので、特にDH制のパ・リーグでは下位で作ったチャンスに非力な1・2番打者では得点が望めません。1番に吉田正を置いても2番が安達や大城では吉田敬遠をよく見ました。1番から打力のある選手を順番に並べるのがメジャーの趨勢です。

ワシらウシか?
8/9(水)17:33
「中・長距離打者の多いBsに於いては」と記事に書いてある通り、それが出来る戦力かどうかが大事だと思う。
打順の周りを意識して1,2番に強打者を置くのも良いが、
それを返せる打者が続かないんなら本末転倒だ。

ログインしてコメントを書くsky!!
8/9(水)12:50
福良監督は、Tの1番認めなくないだろうな。監督は、バント・バントの小技、小島・大城・小田・鈴木など線の細い選手が好み。上からの圧力で仕方がなく1番に起用しているのだろう。8日のインタビューの受け答えでよくわかった。それと光の起用も納得していないだろう。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)12:03
T-岡田はクリーンアップに入るとチャンスで打てず、下位では楽に打つ。でも1番に入れるって発想は無かったな。しかし書き出しが「プレゼント」の替え歌で、どうオチに持っていくのかと思ったら「夏祭り」って、それヤクルトやんけ。
ヤクルト担当の長谷川さんと世界観はニヤリとしてそうやけど。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)11:49
今ノッてる西部を打ち負かしたのだからこの形本物と思える

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)14:47
チャンスに強い打者とかは印象の要素が大きくて、最近メジャーリーグ中継を見ていて、昨年引退したレッドソックスのオルティズはチャンスに強い打者のイメージがありますが、生涯打率を見てみると得点圏でもそうでなくても大差はないそうで、どんな打者でも限りなく同じような打率に収斂するらしいです。

k.ac.jp
8/9(水)11:10
ソロホームランが多すぎる。1番で先頭打者本塁打を打ったら勢いつくという考えで1番にしたのだろう。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)11:22
ピッチャーとしては、コントロールの安定しない初回にホームランバッターに会うのはイヤだろう

K/Kma
8/9(水)12:06
1岡田、2吉田、3マレーロ、4ロメロ、5小谷野、6中島、、、、よく考えたら、立ち上がり不安な投手にとっては地獄のようなオーダー笑

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)16:57
>かつてブルーサンダー打線の核弾頭として名を馳せた松永浩美氏。スイッチヒッターであったし、内野手であった事からも一概に比較の対象に挙げる事は出来ない。しかし誘雷役であった松永氏の活躍があってこそのブルーサンダー打線であった事は間違いない。この記者よぉ分かってるわ。久しぶりに良記事を見た。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)17:11
松永、福良、ブーマー、門田、石嶺、藤井

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)19:19
ブルーサンダーの一翼を担っていた福良さんが現監督な訳ですが、個人的には、松永に監督やって欲しいのですよ私は。

ログインしてコメントを書くtgghu
8/9(水)11:10
何で、JITTERIN’JINN?気持ち悪い記事の書き方やな。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)12:43
オリックスの応援団の攻撃開始テーマもJitterin’Jinn(黄金の夜明け)だからかな?

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)12:42
ノープレッシャー打線。こういう野球をされると上位3チームはいややろうね

K/Kma
8/9(水)12:04
福良「やけくそで組んだら当たったぞ笑」

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)12:45
ファンとしては、1打席でも多くT-岡田の打席を見れるから楽しみ!

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)12:51
その歌は意味不

n6y
8/10(木)10:18
感覚で言ったら高橋由伸が一番に居た頃のような感じですね。意外にありだと思うし、その後ろも強力だからね!
csは無理かもしれないけど、来年に向けて頑張ってほしいね!

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)14:24
確かにこの前京セラドーム見に行った時に、電光掲示板に成績載ってたの見ましたが、本塁打と打点のバランスが悪すぎで嘘かと思いました!記事見てそこそこ納得しました!

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)12:10
昔石毛ブルーウェーブで一番セギノールやってたな。あのときは他が貧弱過ぎてやけくそにしか見えなかった。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)12:32
1番打者とはいえ得点圏打率はすごく低い

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)12:29
はっきりいって冒頭が寒い!!

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)12:05
あなたが私にくれたもの1番駿太の二軍落ち~♪

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)14:51
T岡田は、たまに出る大ホームランに騙されて3番、4番、5番にして上手くいかない事が多いし、性格的に好機に弱いな!1番は、自分のスタイルで打てるので都合いいと思う。しかし進化も求めるのであればいい打撃コーチに巡り合うことかな!

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)12:31
何かしゃらくさい。

金田一金蔵
8/9(水)11:28
不要な内容の多い糞コラムやめろ

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)11:59
不要なコメントはやめろ。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)19:10
岡田もいいが、吉田がすごい!

バファローズp(^_^)q
8/9(水)16:55
これからT-岡田選手は伸びてくる。絶対に?

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)13:06
で六番安達とかならなんの意味もない。

ぶりぶり
8/10(木)10:33
すごい1・2番ですね。二人で1点?いや、二人で2点?

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)20:01
1番が向いてるというより適してる打順がないだけだろう。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)18:09
1.出塁率が高い。2.一塁への到達が早い。
タイトルに対する答えは、要約すればこれだけ。
2.に関しては、その結果が1.に反映されていることを思えば、実質的に上げている理由は1.5個。
1番打者に1.が重要。
異論無し。
問題は、Tが出塁できるだけでなく「打てる」打者でもあること。
1番打者は「走者無し」で打席に立つ機会が多い。
(1巡めは必ず、2巡め以降も自分の前が打順下位の打者だから。)
長打率の高い打者を1番に置くのはもったいなくないですか?
端的に言えば、
「せっかくホームラン打ってもソロになる確率高くなるけどいいんですか?」
ってこと。
「長打率は高くないけど、出塁率は高い」という打者がいるなら、そちらを1番に回して、Tには2or3番に入ってもらうほうが良いと思う。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)20:23
ランナーがいる時にホームランが打てればいいんですが…得点圏打率はそこまで悪くないにもかかわらずこの打点ではしょうがないですよ
他に巧打者で出塁率のいい選手がいませんし

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)16:05
楽天からはじまった謎の打線。楽天1番茂木2番ペゲーロ
巨人1番陽2番マギー
ついには
オリ1番T岡田2番吉田。
これって本当に理想なのだろうか。
野球好きが集まって討論会でもしてみたい(笑)
野球会のOB達はこぞって「成功」だの「良い」だの言いそう。
誰もそうしろって開幕前に言ってないのに掌くるー。
良い打者に1回でも多く打席に立たせる、
たしかにそれはいいことなんだけど
1番凡退、2番が出塁しても盗塁や足を絡めたプレッシャーはない。
でも1番バッターって1回の攻撃でしか1番ではないんだよね。
あとはどこで3アウトになるかだから。
うーん、野球好きの人たち集まって討論会しよー!(笑)

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/10(木)14:07
自分はどうかなとは思っています。仮に打率320本塁打5本出塁率350くらいのA選手がいて、打率300本塁打25本出塁率400くらいのB選手がいる。
こんな状況で他が似たり寄ったりの打率280くらいの選手が集まっている状況なら、Aが一番、Bは四番打つようになると思うのですが、何となくですけど今は一番A二番Bを並べた方が効果的みたいな感じです。
ん~、どうかなぁって思ってしまいますね。
自分の中での過去最高の一番打者が赤星選手であり、ジャイアンツの仁志選手は否定的に考えています。
やはり一番は走れてなんぼであり、足が魅力の選手にお願いしたいですね。
強打者並べるのも迫力はありますが、全員似たような打者で采配も何もないですし、野球ってそういうものではないような気がします。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)15:48
感動的なシーンの多さから分かるように「持ってる」選手ではあるんだろうけど、やっぱりチャンスに弱いのは間違いない。ただT-岡田が4番を打ってる=チーム状態が悪いでもあって、ボール球でしか勝負をしてもらえないというのはあるだろう。その点、安達や若月のような打てない打者の前でなく、吉田・マレーロ・ロメロという破壊力抜群の3人の前に置けば勝負せざるを得ないし、Tの前にランナーが溜まるかは微妙だが今よりは打点が伸びてくる可能性はある。

ワニの庭
8/9(水)14:23
岡田は四番が似合うけど、向き不向きでは今が正解でしょうね!

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)13:33
「JITTERIN’JINN」の代表曲は「夏祭り」とは納得いかない。「アニー」、少し譲っても「エヴリデイ」だと私は思う。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/11(金)8:42
オリックスの試合を良く観てる人ならわかると思うけど、ほかに1番を打たせる選手がいないのと、岡田がどれだけチャンスに弱く、ホームランもソロしか打たないかっていうことなんだけどね。出塁率が高く盗塁できる選手がいれば、バントをしないことを前提に楽天のペゲーロみたく、2番岡田とか面白いんじゃないかと思うけど。

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/11(金)7:06
得点圏打率230だもんな…でもOPSは9割前後

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/11(金)0:47
我々世代とか言ってるけど、あなたは誰、私は誰でしょう

以下名無しに変わって「T-岡田」がお届けします
8/9(水)16:34
弱小球団にありがちな破れかぶれ打線ですね。怖い?全然。というか繋がらない打線なのだから1点くらいBSの投手陣からはいつでも取り返せますし・・・もうネタ重視のオリはどうでもいいよ。
あなたが私にくれたもの。毎年ダークホースの噂だけ。

【関連記事】

T-岡田へ賞金9万9999円www

スポンサーリンク