スポンサーリンク

侍ジャパン、優勝国予想で名前挙がらず MLB専門局のWBC特番

?

侍ジャパン、優勝国予想で名前挙がらず MLB専門局のWBC特番

 3月に開催される第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の主催者は8日(日本時間9日)、参加16カ国・地域の最終登録メンバーを発表した。大リーグ専門局、MLBネットワークは特別番組を放送し、元投手で解説者のアル・ライター氏ら3人が各国の戦力を分析するとともに優勝国を予想したが、日本代表を挙げる者はなかった。

 1時間の特別番組。各国の出場選手を紹介しながら戦力を分析したのは、ライター氏のほか、マーリンズとレッドソックスでチャンピオンになっている元内野手で解説者のマイク・ローウェル氏、そして、同局のジョン・モロシ記者。番組の最後には決勝進出チームと優勝チームを予想した。

 ライター氏は米国代表の戦力が過去3大会と比較して格段に上がっているとし、前回覇者のドミニカ共和国代表と決勝戦でぶつかると予想。しかし、優勝国については「ドミニカが連覇する。このメンバーを見たときに他の国が倒すのは難しいと思った」と率直な感想をまじえて説明した。

 ローウェル氏は決勝戦でプエルトリコ代表がドミニカ代表を破ると大胆予想。「理由はドミニカの打者たちがあまり知らないプエルトリコの投手を(ベテラン捕手の)モリーナが巧みにリードする。相手に知られていないことが有利に働く。攻撃陣も強力だ。優れた内野陣とベルトラン、モリーナがいる」と力説した。

 最後のモロシ記者は「ドミニカが決勝に進むことに異論はない。でも、勝つのは米国です」と言い放つと、ほかの2人から驚きの声が上がった。

 侍ジャパンに関しては情報不足のためか、番組内でほとんど触れず。「注目選手」として侍唯一のメジャーリーガー、アストロズの青木と巨人菅野の名前が画面で紹介されただけで戦力分析もなかった。

番組内で優勝を予想された3カ国のメンバーはコメント下へ


侍ジャパン
2017/02/09 15:54
まぁ、そんなもんでしょ

侍ジャパン
2017/02/10 10:34
バリバリの大物メジャー選手が多数参加し出した中南米諸国が
ちょっと本気を見せたら手も足も出せない落武者ジャパン・・・

侍ジャパン
2017/02/10 12:23
ベストメンバーじゃないのは何処も一緒だよ
日本のトップ選手とMLBを国レベルで比較している
おかしな人達みたいな発想はやめてほしい

侍ジャパン
2017/02/10 13:23
アメリカというか日本国民も誰もが興味がないのに
マスゴミがニュース等でゴリ押しててうんざりしている

侍ジャパン
2017/02/09 16:04
なまじ第1回、2回で優勝しちゃったから期待値が上がってるかもしれないけど、普通に戦力分析をすれば(特に日本の選手に馴染みのない海外メディアは)優勝国に予想されることはないでしょ
(贔屓目に見てベスト8に入る力はあると思うけど)
ダル、岩隈、マエケン、マー君が入ってればまた評価も違うんだろうけど、大谷離脱の報が優勝国予想からハズレたことにも拍車をかけてそう
ま、だからといって優勝を諦めてほしくはないので、出場する選手は優勝する気で頑張って欲しいと思う

侍ジャパン
2017/02/10 04:05
アメリカはWBCのグループの組み分け見てたら当分ベスト8でもおかしくないと思う。だって順当に行ったら2次ラウンドでドミニカ、アメリカ、プエルトリコ、ベネズエラが潰しあうわけでしょ?正直事実上の決勝戦と言われても違和感ないレベルの面子の濃さだし。
日本はかなりお膳立てしてもらってると思うから最低でも決勝ラウンドまでは行ってほしいね。決勝ラウンドまで行っちゃえば一発勝負な訳だから優勝も十分可能だよ。いくら相手のメンバーが凄かろうとも日本のレベルを考えれば一発勝負ならどっちに転ぶか分からない。

侍ジャパン
2017/02/10 13:13
これだけの相手に対し三番坂本、四番中田じゃ切なくなるわ。
1.山田(一)
2.菊池(二)
3.柳田(中)
4.筒香(左)
5.浅村(DH)
6.大谷(右)
7.坂本(遊)
8.川端(三)
9.嶋(捕)
先発がマー君、岩隈、マエケン、ダルで抑えは上原
例えばこんな感じのベストなら楽しみしかないけどさ。辞退者多すぎだよ。

侍ジャパン
2017/02/10 13:22
>期待値が上がってるかも
一般国民は誰も期待していないどころか野球自体に興味がない

侍ジャパン
2017/02/09 16:00
これって
小久保監督が悪い訳ではない。

侍ジャパン
2017/02/10 12:41
短期決戦やからこそ采配やろ?!

侍ジャパン
2017/02/10 13:50
采配やね。細かい作戦もあるけど、選手の調子を見極める目があるかどうかが、一番重要。
例えばセカンドは山田!って固定するのではなくて、練習の様子を見て菊池に変えるとか、そういう感じ。

侍ジャパン
2017/02/10 14:16
>小久保監督が悪い訳ではない。
小久保に監督を任せる理由がわからん。

侍ジャパン
2017/02/09 16:18
挙がったら、その方がおかしいよ。

侍ジャパン
2017/02/09 18:49
いまだに「ボールが滑る」なんて言っているチームを優勝候補に挙げるはずがない。

侍ジャパン
2017/02/09 18:02
この戦力で優勝候補に挙がるわけがない逆に挙がっていたら不思議に思うくらいだよ

侍ジャパン
2017/02/09 23:03
良く2連覇なんて出来たなって、素直に思う。

侍ジャパン
2017/02/10 13:57
初期は、メジャー陣が本気でこなかったのもある。
大会が固まるにつれて、日本はサッカーみたいにベスト4や8を目指すとこに落ち着くでしょうね。

侍ジャパン
2017/02/09 18:30
選手には良いのでは。あまり期待されるより伸び伸び出来るのでは?

侍ジャパン
2017/02/09 21:04
野球(スモールベースボール)はある程度ピッチャーが揃っててナンボなんだけど、結構厳しい。でもパワーで対抗しても負けるから、結局野球するしかないんだよね。でも小久保は負けた時の批判恐れてスター選手しか出さないだろうね。

侍ジャパン
2017/02/10 05:11
つくづく小久保はプレミア12で信用なくしたな

侍ジャパン
2017/02/10 08:08
スモールベースボールで世界一を二連覇した日本のおかげでメジャー…特にメジャーのポストシーズンなんて日本の高校野球よりも物凄いスモールベースボールをやっているよ。
逆に日本のポストシーズンで負けているチームの70球以上投げてる投手の打席で代打を送らなかったり、1点負けている終盤の場面でスクイズしないラミレス監督みたいに今の日本の野球こそ40年前の振り回すアメリカの野球をやってんだよね。
NPBの四番打者にバントさせたら、プライドが傷付くとか、普段やらないから下手くそとか今のMLBじゃ考えられないからな。
メジャーで年数十億円もらっている四番打者が、大事な場面で絶妙なバントをきっちりサイン通り決めるのを見ると、高い給料もらってるんだけど日本のプロ野球選手は無理だなと絶望と同時にバント上手過ぎだといつも思う。
高校球児ですら失敗するのにMLBの打者はきっちり決めるイメージが最近は強い。

侍ジャパン
2017/02/09 17:51
メジャーの投手も誰もいないし妥当かな

侍ジャパン
2017/02/09 23:14
どうかな、個人的には別に日本もそれほど悪いメンバーとは思えないのだけれど。
投手は日本で集めうる中ではベストだと思うし。なんと言っても日本の投手は高く買われているから球団が出したくないってのも分かるんだ。
ぶっちゃけ、メジャーと言っても岩隈とかダルビッシュとか田中とか前田とか、メジャーでの春先がそれほど良くない投手ばっかりだし。
上原くらいかな、残念なのは。後5歳若ければねえ・・・・・・

侍ジャパン
2017/02/10 01:38
茂野吾郎を入れれば優勝まちがいなし!

侍ジャパン
2017/02/10 14:01
斉藤世代の3人、
斎藤佑樹、田中将大、前田健太が
全盛期で並ぶ予想が随分前に記事にあった。
もう5年以上前に。
筆頭の斎藤佑樹はまだ開花してないが、
今年は大活躍の予感が漂う。

侍ジャパン
2017/02/09 18:17
まぁ、そんなところでしょうな。

侍ジャパン
2017/02/09 20:44
>1勝すれば御の字。未勝利で終わるかも。
1次ラウンドの対戦国知らないんじゃない?
キューバはともかく、後は中国と豪州だから最低でも2勝して1次は間違いなく突破だよ。
テキトーなこと書くな、野球なんて興味ないだろ、そもそも。

侍ジャパン
2017/02/09 21:15
その通り、分かったようなコメントで予防線ばかり張っていてもつまらない
侍ジャパンの優勝を信じてあます

侍ジャパン
2017/02/09 21:15
信じています

侍ジャパン
2017/02/09 18:02
超短期ならどこが優勝するかはわからないよ。
ワンシーズンなら間違いなくアメリカ、ドミニカ、ベネズエラが優勝するだろうけど。
野球はプロだとシーズン優勝チームの勝率がせいぜい6割強、最下位でも3割勝つんだから。

侍ジャパン
2017/02/10 09:11
長いシーズンだと、捨て試合も有るからね。短期決戦は、チームの最大戦力で、戦うわけだから、1試合のレベルが違う。

侍ジャパン
2017/02/10 11:03
そうそう。意外にオーストラリアとかね。まさかのオランダとかが優勝しちゃう可能性も無きにしも非ず。

侍ジャパン
2017/02/10 13:14
でも日本は中国には負けない。大阪桐蔭は無名高校には負けない。
実力差が開きすぎてるとそうなる。

 番組内で優勝を予想された3カ国のメンバーは以下のとおり。()内は所属球団と昨季のメジャーでの成績。

スポンサーリンク

ドミニカ共和国代表

◇先発…ジョニー・クエト(ジャイアンツ、18勝5敗、防御率2・79)、カルロス・マルティネス(カージナルス、16勝9敗、防御率3・04)、エディンソン・ボルケス(マーリンズ、10勝11敗、防御率5・37)、ウィリー・ペラルタ(ブルワーズ、7勝11敗、防御率4・86)

◇中継ぎ…ユーリス・ファミリア(メッツ、3勝4敗51セーブ、防御率2・55)、デリン・ベタンセス(ヤンキース、73試合、3勝6敗12セーブ、防御率3・08)、サンチアゴ・カシーヤ(アスレチックス、2勝5敗31セーブ、防御率3・57)、アレックス・コロメ(レイズ、2勝4敗37セーブ、防御率1・91)、フェルナンド・ロドニー(ダイヤモンドバックス、2勝4敗25セーブ、防御率3・44)、ジャンボ・ディアズ(レッズ、45試合1勝1敗、防御率3・14)、ヘクター・ネリス(フィリーズ、79試合4勝4敗2セーブ、防御率2・58)、ハンセル・ロブレス(メッツ、68試合6勝4敗1セーブ、防御率3・48)、エニー・ロメロ(ナショナルズ、52試合2勝0敗1セーブ、防御率5・91)、サミュエル・デドゥーノ(FA、メジャー登板なし)

◇捕手…ウェリントン・カスティーヨ(オリオールズ、打率・264、14本塁打、68打点)、アロベルト・ロサリオ(カージナルス、20試合、打率・184)

◇一塁…カルロス・サンタナ(インディアンス、打率・259、34本塁打、87打点)、ハンリー・ラミレス(レッドソックス、打率・286、30本塁打、111打点)

◇二塁…ロビンソン・カノ(マリナーズ、打率・298、39本塁打、103打点)

◇三塁…エイドリアン・ベルトレ(レンジャーズ、打率・300、32本塁打、104打点)、マニー・マチャド(オリオールズ、打率・294、37本塁打、96打点)

◇遊撃…ジョナサン・ビヤー(ブルワーズ、打率・285、19本塁打、63打点)、ホセ・レイエス(メッツ、60試合、打率・267、8本塁打、24打点、4大会連続出場)

◇外野…ホセ・バティスタ(ブルージェイズ、打率・234、22本塁打、69打点)、ネルソン・クルーズ(マリナーズ、打率・287、43本塁打、105打点)、スターリング・マルテ(パイレーツ、打率・311、9本塁打、46打点)、グレゴリー・ポランコ(パイレーツ、打率・258、22本塁打、86打点)、メル・ロハス(ブレーブス、メジャー経験なし)

米国代表

◇先発…クリス・アーチャー(レイズ、9勝19敗、リーグ2位の233奪三振)、ダニー・ダフィー(ロイヤルズ、12勝3敗)、マーカス・ストローマン(ブルージェイズ、9勝10敗)、タナー・ロアーク(ナショナルズ、16勝10敗、防御率2・83)

◇中継ぎ…アンドルー・ミラー(インディアンス、70試合10勝1敗12セーブ、防御率1・45)、ルーク・グレガーソン(アストロズ、59試合4勝3敗15セーブ15ホールド)、マイカル・ギブンス(オリオールズ、66試合8勝2敗13ホールド、奪三振率11・57)、サム・ダイソン(レンジャーズ、3勝2敗38セーブ、防御率2・43)、デービッド・ロバートソン(ホワイトソックス、5勝3敗37セーブ、防御率3・47)、ネート・ジョーンズ(ホワイトソックス、71試合5勝3敗3セーブ、防御率2・29)、ジェーク・マギー(ロッキーズ、2勝3敗15セーブ、防御率4・73)、タイラー・クリッパード(ヤンキース、69試合4勝6敗3セーブ、防御率3・57)、パット・ニシェック(フィリーズ、60試合2勝2敗、防御率3・06)

※予備登録投手枠…ソニー・グレイ(アスレチックス)、JAハップ(ブルージェイズ)、マイケル・フルマー(タイガース)、ドルー・スマイリー(マリナーズ)、ブレット・セシル(カージナルス)、アレックス・ウィルソン(タイガース)

◇捕手…バスター・ポージー(ジャイアンツ、打率・288、14本塁打、80打点)、ジョナサン・ルクロイ(レンジャーズ、打率・292、24本塁打、81打点)AJ・エリス(マーリンズ、打率・216、2本塁打、22打点)

◇一塁…ポール・ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス、打率・297、24本塁打、95打点。13年2冠)、エリック・ホズマー(ロイヤルズ、打率・266、25本塁打、104打点)

◇二塁…ダニエル・マーフィー(ナショナルズ、打率・347、25本塁打、104打点)、イアン・キンズラー(タイガース、打率・288、28本塁打、83打点)

◇三塁…ノーラン・アレナド(ロッキーズ、打率・294、41本塁打、133打点、2年連続2冠、4年連続ゴールドグラブ)、マット・カーペンター(カージナルス、打率・271、21本塁打、68打点)

◇遊撃…ブランドン・クロフォード(ジャイアンツ、打率・275、12本塁打、84打点)、アレックス・ブレグマン(アストロズ、打率・264、8本塁打、34打点、15年ドラフト全体2位指名)

◇外野手…ジャンカルロ・スタントン(マーリンズ、打率・240、27本塁打、74打点。14年本塁打王)、アンドルー・マカチェン(パイレーツ、打率・256、24本塁打、79打点)、アダム・ジョーンズ(オリオールズ、打率・265、29本塁打、83打点)、クリスチャン・イエリチ(マーリンズ、打率・298、21本塁打、98打点)

プエルトリコ代表

◇先発…ヘクター・サンチアゴ(ツインズ、13勝10敗、防御率4・70)、セス・ルーゴ(メッツ、1年目17試合、防御率2・67)、ホセ・べリオス(ツインズ、1年目14試合3勝7敗、防御率8・02)、ヒラム・バーゴス(ブルワーズ、メジャー登板なし)、ホルヘ・ロペス(ブルワーズ、メジャー登板なし)

◇中継ぎ…エドウィン・ディアズ(マリナーズ、49試合0勝4敗18セーブ、防御率2・79)、アレックス・クラウディオ(レンジャーズ、39試合、4勝1敗、防御率2・79)、ジョセフ・コローン(インディアンス、1年目11試合1勝3敗、防御率7・20)、ジョー・ヒメネス(タイガース、メジャー登板なし)、ミゲル・メヒア(カブス、メジャー登板なし)、エミリオ・パガーン(マリナーズ、メジャー登板なし)、オーランド・ロマン(FA、メジャー登板なし、12~15年ヤクルト)、JC・ロメロ(FA、メジャー登板なし)、ジョバンニ・ソト(ホワイトソックス、メジャー登板なし)

◇捕手…ヤディア・モリーナ(カージナルス、打率・307、8本塁打、58打点、ゴールドグラブ8回)、ロベルト・ペレス(インディアンス、打率・183、3本塁打、17打点)、レネ・リベラ(メッツ、打率・222、6本塁打、26打点)

◇内野手…ハビア・バエズ(カブス、打率・273、14本塁打、59打点)、カルロス・コレア(アストロズ、打率・274、20本塁打、96打点)、フランシスコ・リンドア(インディアンス、打率・301、15本塁打、78打点)、TJ・リベラ(メッツ、33試合、打率・333、3本塁打、16打点)、マイク・アビレス(FA、打率・210、1本塁打、6打点)、ケニス・バルガス(ツインズ、47試合、打率・230、10本塁打、20打点)

◇外野…カルロス・ベルトラン(アストロズ、打率・295、29本塁打、93打点)、エンジェル・パガーン(FA、打率・277、12本塁打、55打点)、エディ・ロザリオ(ツインズ、92試合、打率・269、10本塁打、32打点)、エンリケ・ヘルナンデス(ドジャース、打率・190、7本塁打、18打点)、レイモンド・フェンテス(ダイヤモンドバックス、13試合、打率・317、0本塁打、5打点)

参考:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000067-dal-base

スポンサーリンク